本文へ移動

輸入車メンテブログ

輸入車メンテブログ

ポルシェ カイエン(92A) 漏れ箇所違いで、、、

2022-11-20
カテゴリ:輸入車メンテナンス
チェック
マニュアル通りに作業!なので安心です('◇')ゞ
予想外の事が起きると。。。輸入車メンテではあるあるです(-_-;)
前回の輸入車メンテブログのATF圧送交換一式作業と同時に多数ご用命作業させていただいた分

ポルシェ カイエン(92A) ATF圧送交換一式作業

ブレーキまわりの一新(パッド,ローター,パッドセンサー交換)と同時にホイールスピードセンサー交換。

こちらのご提案でタイヤローテーション&ホイールバランス調整。

メインの作業は、異音発生のパワステポンプの交換と伴っての補機ベルト&テンショナー、リレーローラーの交換です

ブレーキまわり、パワステ、ベルト関係も前回のATF圧送交換関係もそうですが、全てマニュアルを揃えて挑んでるのでその通り進めていきます。

かっついてしまっていたパワステポンププーリーが、なかなか外れなくて苦労しました

ここで交換ご要望に入っていませんでしたが、こちらの判断でよく漏れるハイプレッシャーライン(パワステ高圧ホース)も同時交換済み。

もちろん、事前にオーナー様のご了承は頂いています

やっとこの作業が終わって、パワステフルードを入れてエンジン始動。

すると車両の後ろの方から何か音がします

ジャバジャバ音がしている方を確認すると、Rホースラインに割れがありそこから勢いよくフルードが~

ご入庫時はフルードが入っていなかったので、この漏れに気づくことがありませんでした。

外したポンプに確かに漏れがあったので、オーナー様はポンプの交換を~となったのでしょう。

本気で漏れていたのはホースからで、フルードが無くなりポンプを損傷させて異音発生となったと思われます。。。

ホースを交換しなければエンジン始動すらできないので、車両を押し出して部品待ちになりました。

ちょっと動かすだけでも、高価なポンプを壊すかもしれませんので。。。

しばらく待つとホースが入荷し交換

再度パワステフルード(ロイヤルパープル/MAX EZ)を充填して、やっとこの作業は完了となりました

前回のブログのATF圧送交換一式作業は、上記の作業を完了後に実施したものです。

他にも、ワイパーブレード交換にナンバーバルブをLED化の作業も実施済み。

最後にこれもご要望のあった、エアコンガスクリーニング施工で作業は全てとなります

A/Cメンテナンス

前回も書きましたが、多数作業につき完成検査(交換部品チェック,走行テスト、再リフトアップ漏れチェック)を入念に行っています。

TPMS警告が点いたままになっているのが、気になるところではありますがオーナー様もご承知という事で完成とさせていただきました

多数作業のご要望~ありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします


(代表:遠藤)
一瞬なにが起きたのか???となったパワステフルード漏れ。。。
GLOBAL CARS
有限会社 オートサービスエンドウ
〒774-0015
徳島県阿南市才見町田中29-1
TEL:0884-22-8182
FAX:0884-22-7977

1.輸入車整備
2.国産車整備
3.各種メンテナンス
4.新車・中古車販売
5.鈑金塗装修理
6.自動車保険
2
2
9
7
9
0
TOPへ戻る