本文へ移動

輸入車整備

各メーカー輸入車に対応!!

輸入車対応スキャンツール完備!!!

マキシシスエリート MaxiSysElite MS908E

 《 特徴 》 

・輸入車の幅広いカバー率
・オートスキャン・コントロールユニットスキャン
・ライブデータ
・アクティベーション
・アダプテーション
・プログラミング/コーディング
・サービスリセット

ボッシュKTS540

《 特徴 》

・輸入車の幅広いカバー率
・システム一覧にて全システムの故障コード読み出しが可能
・Bluetooth通信機能
・診断記録リストの自動作成
・診断結果の印刷

XENTRY  メルセデス専用車両診断機

《 特徴 》

・故障診断、トラブルコード読み出しと消去
・各種センサのリアルタイムデータ閲覧
・コーディング、プログラミング
・デベロッパーモード対応
・DAS , WIS , EPC , Xentry
・ベディアモ対応

VCDS VW / Audi車専用診断ツール

《 特徴 》

・車速感応オートロックの設定/解除
・スロットルボディアラインメント
・カミングホーム/リービングホームの設定
・リアパーキングブレーキのサービス
・球切れチェック機能の設定/解除、LEDポジションライトの設定、デイライトの設定など
・Audi MMIのテレビ視聴可能速度の設定
・エアサスの車高調整
・トランスポートモードの解除

対応メーカー(その他の輸入車も対応いたします)

当社は、輸入車整備に特化したDr.輸入車』の四国加盟店1号店です。
純正と同等品質の部品を「Dr.輸入車」ルートにより、特価で購入することができます。 そのため、整備費用を含めても費用を抑えることが可能です。

AT/CVTフルード圧送交換

循環/希釈交換は当社では行っていません!!

コンタミ(摩耗粉)チェッカー完備
過走行や高負荷環境で使用されたお車のATF/CVTFを一般的な交換方法(循環/希釈交換)で行うと、オイルパンに蓄積した汚れを撒き上げてしまったりで交換後のトラブル発生の原因となることがあります  

オイルパン内部洗浄・ストレーナ交換作業を実施後に圧送交換を行いATF/CVTFを新油に近い状態にすることで、加速の悪化、燃費の悪化、変速ショックが大きくなる等の症状発生を防ぎ、AT/CVTの寿命を大幅に伸ばすことが可能となります  

もちろん事前に交換可能かチェック  
コンタミ(摩耗粉)チェッカーを使用します。
圧送交換用に車種別アタッチメント完備 

どんなお車でも圧送交換が出来るわけではありません  

ホースに接続するだけ可能なお車もあれば、専用アタッチメントが必要となるケースもあります  

当社では各種アタッチメントをご用意していますので、どんなお車でも圧送交換が可能です  

ですが。。。中には対応のアタッチメントの判別が難しいお車もありますので、当社を新規でご利用のお客様は事前に車検証情報をご連絡ください!!
ATF/CVTF 圧送交換後に施工おすすめ  

SOD-1プラス

①強力な洗浄分散効果により、AT・CVT・DCTの内部洗浄により適正なフリクションに回復させ、ジャダーや変速時のショック、滑りが改善。

②強力な吸着膜とメタルコーティング・ミクロン粒子のトリプル効果により、極圧潤滑下に於けるギアの耐久性保持及びシフトフィーリングの改善が見込めます。

③ゴム・シール素材の硬化・収縮防止、オイルの滲み、漏れ抑制効果により、ミッション(AT・CVT)のジョイント部シール材 からのオイル、フルードの滲み、漏れを改善し、消費を抑制すると共に、シール材の経年硬化及び 収縮を予防し良好なコンディションを維持することが可能。

有限会社オートサービスエンドウ
〒774-0015
徳島県阿南市才見町田中29番地1
tel:0884-22-8182
fax:0884-22-7977
mail:info@car-endo.jp
1.車両販売
2.車両整備
3.鈑金・塗装
4.レンタカー
5.車検
0
8
3
6
3
7
TOPへ戻る