本文へ移動

国産車メンテブログ

国産車メンテブログ

スズキのオイル交換ランプ

2024-02-02
カテゴリ:国産車メンテナンス
チェック
スズキ純正スキャンツールでプログラム変更!
当社ご利用のお客様は、エンジンオイル交換の重要性は重々承知しています('◇')ゞ
トラ/軽バンで個人的には要らないと思われる、オイル交換ランプの点灯。。。

6ヵ月で経過又は5,000㌔走行で点灯するようですが、日常使用でない場合が多い貨物車に要るのか要らないのか

当社の回りは田んぼだらけなので、そんな軽トラ達はいっぱいです

半年で5,000㌔なんて走るわけがなく、でもバッチリ誰でも読めるOILの文字の点灯に不安がる方も。。。

オイル交換する訳でもなく、ご来店いただきリセットだけする事が何度もあります

しかも新車の清算日から起算してのお知らせなので、生産されて仮に2.3カ月たっていて登録してから納車なった場合、納車から2.3カ月で点灯する事もあります。

正にそれが起きたのが、つい最近。。。

スズキ純正スキャンツールを持っているのだから、リセットしておいたら良かった。。。

新車を納車して半年も経っていないのに、このオイルランプ点灯~


純正機があればメーター内に表示が出てなくてもリセット出来るのに。。。

正真正銘メーカーから搬入された新車なのに、なんか感じが悪いですよね

このオーナー様は、この機能は要らない!との事だったので、もう表示は出ないようにプログラミング済みです。

ちなみに取説通りのリセットの仕方では、メーターに表示が出てからでないとリセット出来ません

純正機サマサマなので、これからオーナー様のご了解が貰えたら非表示に切り替えていこう~かなぁ~なんて思っています

そんなこんなでキャリートラックのお話となったので、以降もキャリートラックで

1台目は新車だったのですが、年式はぐっと古くなって平成20年式。

走行はたった27,000㌔の車検整備ご入庫となります。

タイヤ全数は6年使用で劣化が酷いので交換。

貨物車あるあるのリーフスプリングシャックルブッシュも劣化があるので全数交換しています

今回は費用がかかりました。。。

続いてのキャリートラックは、平成30年式。

当社で新車購入していただいた軽トラです

特に問題は無かったのですが、エンジンオイルパンのドレン部からオイル漏れが確認できます。

他店さんでオイル交換は済ませているようで、次回交換までは距離も日数もあるのですが。。。ドレンガスケットが再利用なんですかね

このまま漏れ続けるので、出来るだけオイルが抜けないようにガスケットを交換済み。

もちろんオイル量は調整しています。

最後に登場の平成29年式のキャリートラックは車検整備ご入庫なんですが、走行は2千㌔台

こちらも当社での新車購入車となります。

この総走行距離でも分かるように、半年後にオイル交換警告なんて出ていたら堪ったもんではありません。。。

このオーナ様は車検はもちろん法定12カ月点検も必ず受けてくれるので、その時にキッチリとオイル交換済み。

正に田んぼ時期だけの使用となり、正にシビアコンディション

オイル交換時にはSOD-1プラス施工は欠かさないので、このような使用の仕方でも絶好調な働くクルマです


以上~オイル交換警告ランプの愚痴と、キャリートラック3台の車検整備でした。

いつも多数のご利用~ありがとうございます

(代表:遠藤)

流れでキャリートラック3台の車検整備!!!
GLOBAL CARS
有限会社 オートサービスエンドウ
〒774-0015
徳島県阿南市才見町田中29-1
TEL:0884-22-8182
FAX:0884-22-7977

1.輸入車整備
2.国産車整備
3.各種メンテナンス
4.新車・中古車販売
5.鈑金塗装修理
6.自動車保険
3
7
4
8
9
7
TOPへ戻る