本文へ移動

輸入車メンテブログ

輸入車メンテブログ

MINIクロスオーバー(R60)のATF圧送交換

2021-05-09
カテゴリ:輸入車メンテナンス
オススメ
凄い汚れようのATF。。。
試乗テスト後に作業開始!!
真っ黒
真っ黒
真っ黒
取付に時間のかかる専用アタッチメント
通常のATF交換方法では、体感できる変化はありません!!!
当社の管理車として中古購入したR60

10万㌔オーバー車ですが、1度もATFを交換していないようなので交換します。

先ずはお決まりのATFオイルパンを取り外し。

抜いたATF、バルブボディから垂れるATFはもう~墨汁ってぐらい真っ黒です

元々は赤いはずですが。。。ここまで汚れるもんなんですね。。。

トラブルの多いATなので、予防整備としてここで作業に踏み切り正解です

オイルパンもバルブボディも洗浄し、ATF圧送交換用アタッチメントを装着。

この車種は、専用アタッチメントをオイルクーラーを取り外し付なければならないのですが、これがまた作業性は最悪です

やっとの思いで取付し、ATF圧送交換開始

最初は当然のように真っ黒、そこから段々と赤みがでてきて、洗い油を合わせると35Lを使用してほぼ親油までになりました。

最終はオーバーフロー用のハンドポンプを使用して、ロイヤルパープルの『Max ATF』で油温を診断機で確認しながら油量調整して完了です。

ここでいったんは試乗テストしてみました

なんということでしょう~(ビフォーアフター風)

古いですかね。。。笑

発進時はそんなに変化は感じませんでしたが、とにかく加速がスムーズに

なんとなくアイドリングも静かになったような気がします

とにかく思ったよりの変化で絶好調になったので、調子に乗ってで、エンジンオイルもロイヤルパープルで交換しました

もちろん、ATFにもエンジンオイルにも『SOD-1プラス』を規定量施工済み。

中古購入した時より、走った感じや、信号待ちでのエンジン等は確実に良くなったと体感できたので大満足です

この車種のATF圧送交換や、その他作業には専用工具が必要な箇所が多々あります。

作業ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください


さて、次はブレーキ等と足まわりかなぁ。。。どんだけお金がかかることやら。。。

でもまぁ~お金をかけるなら、良くなったのが体感できなくては!!って思いで続けてまいります

また何か作業した際にはご紹介していきますので、よろしくお願いいたします

(代表:遠藤)
常に体感できるメンテを心がけています('◇')ゞ
圧送交換:初
圧送交換:中
圧送交換:後
診断機で油温確認
エンジンオイルもロイパで交換!!
GLOBAL CARS
有限会社 オートサービスエンドウ
〒774-0015
徳島県阿南市才見町田中29-1
TEL:0884-22-8182
FAX:0884-22-7977

1.輸入車整備
2.国産車整備
3.各種メンテナンス
4.新車・中古車販売
5.鈑金塗装修理
6.自動車保険
1
8
7
9
3
1
TOPへ戻る