本文へ移動

国産車メンテブログ

国産車メンテブログ

H16年式:クラウンのATF圧送交換&その他作業

2021-04-12
カテゴリ:国産車メンテナンス
オススメチェック
今まで他社さんで希釈交換のみだったようで、物凄い汚れですね。。。
ATF/CVTF圧送交換は車種により専用工具が必要です
いつも遠方から当社をご利用いただいているお客様の27万㌔オーバーのクラウン 

セカンドカーのMINI(R52)のメンテナンスは当社で作業させていただいてましたが、このクラウンは初めてのご入庫となります。

変速ショックが大きくなってきたので、ATF交換を地元の業者さんへ依頼したところ、走行距離からか  お断りだったようなのでご依頼がありました。

いつもの作業前の走行テストをしましたが、変速ショックが大きいとは感じません。

が、R→Dへ変えた時(又は逆)に車体に振動はきます 

これはATではなく、デフのマウントのへたりが原因ですね。。。と、お客様とご相談。

デフの方の改善と同時に、ATF圧送交換、エンジンオイル交換の作業が決定しました。

先に、ATFの方はオイルパンを脱着して清掃、ストレーナーの交換後に専用アタッチメントを使用して圧送交換。

ATFもオイルパンも、ストレーナーも見事に真っ黒状態ですね。。。

デフマウントは、部品商に問い合わせるとデフごとでないと部品設定が無いとの返答があったので社外品のキットを組みつけました。
※この作業は、写真撮り忘れです

最後は、エンジンオイル&オイルフィルター交換後にSOD-1プラスを施工して作業は完了です!!

もちろんATFにもSOD-1プラスは施工済み 

作業後の走行テストもバッチリなので、完成納車させていただきました

この作業の1か月ぐらい後に、今度はMINI(R52)が冷却水漏れで当社へレッカー搬入。。。

この時にご連絡をいただいた時に、『あれからクラウンは絶好調!!!だが、MINIの方が。。。』との事でした(-_-;)

H16年式で27万㌔オーバーのクラウンが作業後に絶好調  ってのは嬉しいかぎりですが~。

MINIの方は確かに受け取りました。。。

遠方からレッカー搬送してくれた業者さん、ご苦労様です 

MINIの方は、また診断後にお見積りを出してご連絡いたしますので少々お待ちください。

とりあえずはクラウンの作業のご依頼とその後の調整は良いとのご連絡ありがとうございました
 

(代表:遠藤)
車種により専用アタッチメントが無いと圧送交換は出来ません!!
専用アタッチメント装着
圧送前はどす黒い色です
分かりにくいですが、親油同様になっています
SOD-1プラス
代わりにではないですが。。。MINI(F52)ご入庫です
有限会社オートサービスエンドウ
〒774-0015
徳島県阿南市才見町田中29番地1
TEL:0884-22-8182
FAX:0884-22-7977
MAIL:info@car-endo.jp
1.国産車整備
2.輸入車整備
3.車両販売
4.商品紹介
5.ボディメンテナンス
1
3
7
5
7
2
TOPへ戻る