本文へ移動

国産車メンテブログ

国産車メンテブログ

車検時にCVTF交換

2020-01-29
カテゴリ:国産車メンテナンス
オススメ
ルーミーとヴィッツが車検入庫時にCVTF交換が重なったのでご紹介です
H29年式 ルーミー
H19年式 ヴィッツ
SEAHOASE CVT-SF
車検時は安めの工賃設定です!!
ルーミーは、初回車検ですがもう約7万キロ走っている車。
車検整備にCVTフルード交換を入れての作業となります3つのびっくりマーク(吹き出し)
この車の場合はレベルゲージがあるタイプなので交換しやすいです。
ここで交換に使用したCVTFは『シーホースCVT-SF』。
全合成でCVTでよくある出だしの滑ったような感じを緩和させるようにしたフルードです色とりどりのきらきら
交換後に試乗してみると何となく出だしが良くなった感はありますOK
続いて、ヴィッツの方は車検整備と同時にCVTF交換をご要望されたお客様。
走行は13万㌔オーバーですが、何度もCVTF交換履歴は確認できますいいね(手のひらが手前)
こちらの交換方法はオーバーフロー式。
スキャンツールで油温を確認しながら、指定油温間でオーバーフローさせて量を調整します。
オーバーフロー式と横から入れるやり方なので少々時間がかかります上を指す人差し指(手のひらが手前)
2台ともに車検と同時に作業ということで、通常より交換工賃は安めに設定。
その他作業も完了し納車済みとなります口を広げてにっこりした顔
いつもご利用いただきありがとうございます!
(代表:遠藤)
 
 
シーホースCVT-SF
ルーミー作業中
ヴィッツのオーバーフローチューブ
ヴィッツは横から注入します
油温を確認しながら作業
ヴィッツCVTF抜き作業中
有限会社オートサービスエンドウ
〒774-0015
徳島県阿南市才見町田中29番地1
tel:0884-22-8182
fax:0884-22-7977
mail:info@car-endo.jp
1.車両販売
2.車両整備
3.鈑金・塗装
4.レンタカー
5.車検
0
3
7
9
9
8
TOPへ戻る