本文へ移動

輸入車メンテブログ

輸入車メンテブログ

走行中のエンストによりレッカー搬送:MINI(R56)

2021-10-22
カテゴリ:輸入車メンテナンス
チェック重要
BMW専用診断機:ISTA
レッカー搬入済み
安定化電源
診断中
診断中
スキャンツールを駆使して症状改善です('◇')ゞ
走行中にエンストする事があるッとの事でご連絡があった、当社は初めてご利用のご新規様のMINI

他社さんで診てもらい、部品交換もしたようなのですが症状が出るようです。。。

走行中にエンストするという事なので、任意保険のロードサービスを利用して当社でレッカーさせていただきました。

ご入庫前から、あらかた想像していた燃料高圧ポンプは他社さんで交換済み。

さっそくBMW専用のスキャンツールを使用して診断してみても、直ぐに不良個所が分かる訳ではありません

各箇所を点検していくうちに、運転席右足元にあるジャンクションブロックのハンダ浮きを発見

ネットに正常な画像があり、見比べてもダメになっているのが分かります。

スキャンツールを駆使して(BMW専用と汎用機)色々と調べていくと、ここが悪さをしていることが判明しました。

ちょっと高い部品(5万円以上)になりますがジャンクションブロックを交換し、これまた登場のスキャンツールでこの車用にコーディング

レッカーでお車を引き取りに行った時にも、直ぐにエンスト症状が出ていましたが再発は無くなりました


元々この部品が悪かったのでは

燃料高圧ポンプは工賃込みで、約30万円しますのでお気の毒です。。。

まぁ~よく悪くなる部品ではありますので交換しておいても~と思いますが、正確な故障診断は大事と思った案件でした。

作業後に発生した、ラジオが鳴らない。。。

これも色々と点検しましたが、当社としてはユニット不良の判断です。

改善の場合はまたご連絡ください

初めての当社のご利用ありがとうございました


(代表:遠藤)
よく見ると基盤のハンダ浮きが起きています。。。
有限会社オートサービスエンドウ
〒774-0015
徳島県阿南市才見町田中29番地1
TEL:0884-22-8182
FAX:0884-22-7977
MAIL:info@car-endo.jp
1.国産車整備
2.輸入車整備
3.車両販売
4.商品紹介
5.ボディメンテナンス
1
3
7
5
5
2
TOPへ戻る