本文へ移動

輸入車メンテブログ

輸入車メンテブログ

MINIクーパーS(R52)のAT変速不良修理&圧送交換

2020-09-17
カテゴリ:輸入車メンテナンス
オススメチェック
県外(淡路島)からのご利用ありがとうございます。
H18年式:10万㌔走行車
バルブボディ交換
コンタミチェックは交換OKレベルです
アタッチメント装着で圧送交換
まず初めにお問い合わせお電話があった淡路島にお住まいのご新規様。
聞くと、始動後しばらくは症状が出ないが走行時間が長くなるにつれて異音と振動がするとの事です下に曲がる右矢印(青)
大体の見当は付いていますが、聞いただけでの特定は危険なのでご来店いただき点検したいのですが何せ遠方にお住いのお客様。
お話ししていると、ドライブがてらに点検だけでもご来店もイイよ~とご来店いただくことになりました口を広げてにっこりした顔
後日(緊急事態宣言のため日時を結構伸ばしてもらいましたが…)ご来店、待っていただいている間にさっそく診断上を指す人差し指(手のひらが手前)
仰る通りのAT3速の滑りと4速に入った際のドーンという変速ショックがあります…汗
色々と各部を点検していくとAT以外にも修理が必要な箇所があるよ~な…赤い感嘆符と疑問符
今回はAT変速不良修理のみで3つのびっくりマーク(吹き出し)
お見積もりにOKを頂いたので、再度ご来店いただいた時は代車(もちろんナビ,ETC付き)をご用意して作業開始です3つのびっくりマーク(吹き出し)
この症状はこの車種あるあるの『バルブボディ』が原因です上を指す人差し指(手のひらが手前)
当社ではリビルト品を手に入れることができたので、交換させていただきます。
純正新品は235,000円(税別)、当社でのリビルトは約10万ほど安い部品代で済みます色とりどりのきらきら
交換作業には当然のようにATF交換が伴いますが、抜いてみるとこれが~また物凄い汚れよう…汗
ただ抜けた分を入れるような事をしたら、また不具合がでるかも??って感じです。
お客様の許可をもらい、バルブボディ交換後にATF圧送交換作業を実施します。
と、その前によく汚れていたので交換後のトラブル回避のため『コンタミチェック』を実施。
レベルは1.5で、交換後のトラブルの心配はなさそうなので安心して作業を進めていきます上に曲がる右矢印(赤)
この車両のATF圧送交換は専用アタッチメントが必要。
セッティングしての作業は順調に進み、ATFはほぼ親油状態となりましたきらきら
もちろんSOD-1プラスも施工済みですいいね(手のひらが手前)
その他にエアコン効き不良の点検、オイル漏れの点検等もありましたが…今回ブログはここまでです。
来店納車後は当然ですが…不愉快な変速ショックはなし!!改善されていますOK
遠方よりのご利用ありがとうございました。
これからも宜しくお願い致します口を広げてにっこりした顔
(代表:遠藤)
油温チェックしながら油量調整
AT内は真っ黒状態でした…
ストレーナーも交換
コンタミチェック中
ATF圧送交換(初め)
ATF圧送交換(最終)
有限会社オートサービスエンドウ
〒774-0015
徳島県阿南市才見町田中29番地1
TEL:0884-22-8182
FAX:0884-22-7977
MAIL:info@car-endo.jp
1.国産車整備
2.輸入車整備
3.車両販売
4.商品紹介
5.ボディメンテナンス
1
3
7
5
6
5
TOPへ戻る