本文へ移動

ドライブレコーダー

文章(+イメージ)

多種多様のドラレコでどれがいいのか??選べないって事ありますよね??

ドラレコは色々なメーカーから色々な種類のものがは発売されています
よく耳にするのは、『どれを買ったらいいのか分からない』との声。
そこで、当社では1メーカ―のみ取り扱いとしています
取り扱いは『UP-SAFETY(アプセフ)シリーズ 』となり、こちらはカーディーラー・モータース指定店のみの限定販売品です。

ドライブレコーダー UP-SAFETY 取り扱い店

UP-SAFETY(アプセフ)シリーズ とは??

ベンツやスバルの純正ドライブレコーダーを製造する、車載用アンテナトップメーカーの株式会社慶洋エンジニアリング(以下KEIYO)と共同開発したコンパクトドライブレコーダー『UP-SAFETY(アプセフ)シリーズは、
「電波干渉を起こしやすい」
「SDカードの定期的なメンテナンスが必要」
という課題を解決したドライブレコーダーです。

ドライブレコーダーを取り付ける意味やメリット

相手の過失の証拠として使える

ドライブレコーダーの役割は、交通事故時の状況などを映像として収めることです。

例えば、信号のない十字路を走行している最中に一時停止を無視して車が突っ込んできた場合、明らかに悪いのは一時停止を無視した車です。しかし、ぶつかってきた相手の中には、保身のために「向こうからぶつかってきた」と嘘をつくことがあります。この場合、自身まで賠償責任を課せられてしまう場合があるのです。

このような運転時のトラブルを回避するため、証拠を掴んでおくためにドライブレコーダーを搭載しておくと良いのです。前述した通り、交通事故が起きた際に、ドライブレコーダーに録画された内容は、証言以上に有力で確実な証拠となります。

トラブル解決が早くなる

交通事故の過失が相手にあり、それを目撃していた人物がいたとしても、警察はそれらの情報を精査してからようやく事故処理を始めます。明らかに相手が悪いような状態だったとしても、もしかしたら見落としがあるかもしれない、もしかしたら裏があるのかもしれない、という可能性がまだ残されているからです。

しかし、ドライブレコーダーの記録があれば、映像として証拠が残っているため、事故の状況を把握しやすく、目撃者の証言や事故状況などの情報の精査もスムーズになり、結果的にトラブルの解決も迅速になるのです。

運転の様子を見直して次の運転の改善に活かせる

交通事故の証拠を押さえるために取り付けることが多いですが、その他にも、ご自身のドライビングを見直すことができるというメリットがあります。

運転を終了させた後、ドライブレコーダーの記録を見ると、ご自身のドライビングを客観的に見直すことが可能です。そこで自身の運転の悪い癖を見つけ、次の運転改善に活かすことができます。

良い思い出も記憶

事故の記録もドライブレコーダーの重要な役割ですが、車窓のキレイな景色を撮影するカメラとして使うこともできます。旅の記録を写真で残すだけでなく、映像で見られるのはドライブレコーダーならではの魅力でしょう。

常時録画ができるドライブレコーダーでは、高解像度で広い視野角で撮影できる機種が登場しています。静止画撮影の機能を兼ね備えた機種もあるので、スマホやカメラでは撮影できない風景を写真に収められるでしょう。

ドライブレコーダーの選び方

せっかく取り付けたドライブレコーダーも、録画された動画が後で使用できなければ意味がありません。。。

ドライブレコーダーの選び方の3つのポイント

ポイント1:「広く」撮れるか(録画範囲)
ポイント2:「キレイ」に撮れるか(記録画素数)
ポイント3:「明るく」撮れるか(夜間機能)

UP-SAFETY(アプセフ)シリーズ

前のカメラだけ良い!!

フロントカメラタイプ

本体販売価格23,980円/29780円(税込)

やっぱり後ろカメラも欲しいって時に!!

フロント&前後選択可能モデル

本体販売価格32,780円(税込)

駐車監視付き、2カメラモデル

前後2カメラタイプ

本体販売価格42,680円/36,080円(税込)

専用のリアカメラも追加可能!!

360度録画タイプ

本体販売価格49,280円(税込)

詳細はこちらをクリック!!

▼お気軽にお問い合わせください

有限会社オートサービスエンドウ
〒774-0015
徳島県阿南市才見町田中29番地1
TEL:0884-22-8182
FAX:0884-22-7977
MAIL:info@car-endo.jp
1.国産車整備
2.輸入車整備
3.車両販売
4.商品紹介
5.ボディメンテナンス
1
0
1
9
7
2
TOPへ戻る