本文へ移動

ATF/CVTF圧送交換

AT/CVT(オートマ)についてこんなことで困っていませんか??

下記のような症状を感じることはありませんか??

加速/減速時にガクンと変な衝撃がするようになった

アクセルを踏んでも思ったより前に進まなくなった

変速のタイミングが以前よりおかしい

変速時のショックが大きくなってきた

新車の頃と比べて燃費が落ちてきた

走行に伴う唸り音や異音がするようになった

そこでATF交換、CVTF交換を依頼すると。。。

下記のように言われることが多いかもしれません。。。

過走行車の交換は出来ません

交換したら壊れるかもしれません

保証無しなら交換します

輸入車は交換は出来ません

こう言われるのには下記のような理由があります

過走行や高負荷環境で使用されてきたお車のATF/CVTFを、一般的な交換方法(循環/希釈)で行うと、オイルパンに蓄積された汚れを撒き上げてしまい交換後のトラブル発生の原因になります。。。

トラブル発生の可能性がある作業は、やっぱりやりたく無いですし、作業する側、作業される側も避けた方が良い作業となるのが主な理由です

実際に循環/希釈交換を実施後に、交換したことにより悪影響が出た例も起きています。

取り外したオイルパン内部は、こんなに汚れています。。。

取り外したオイルパン
新旧ストレーナー
何度か循環/希釈交換したお車でも、
オイルパンを脱着すると画像のように汚れが溜まっています。。。

ストレーナー(フィルター)も画像のように
新旧を比べると真っ黒です!!!

※画像のお車は、4万㌔ぐらいの
日産セレナ(CVT)です。

当社では走行距離に関係なくATF/CVTFの交換作業が可能です!!!

もちろん入念に事前チェックを行います!!!

コンタミ(摩耗粉)チェッカー完備
コンタミ(摩耗粉)チェッカー完備
車輌の現状確認
● 停車時での各レンジへシフトチェンジを行い不具合の確認
● 車輌オーナーに同行して頂き走行中の不具合の確認
● リコール、サービスキャンペーン等に該当していないかの確認
● オイル量、オイル漏れの確認

必要と判断される場合は『コンタミ(摩耗粉)チェッカー』
を使用して、交換可能かチェックします!!!

以上の事前チェック後に

オイルパンを取り外し内部を洗浄。

ストレーナーを交換した後にATF/CVTFを圧送交換。

親油に近い状態まで専用機で交換します!!!

ATF/CVTF圧送交換後に施工オススメ!!!

SOD-1PLUSによるAT・CVT・DCTへの効果


●強力な洗浄分散効果により、AT・CVT・DCTの内部洗浄により、適正なフリクションに回復させジャダーや変速時のショック、滑りが改善。
 

●強力な吸着膜とメタルコーティング・ミクロン粒子のトリプル効果により、極圧潤滑下に於けるギアの耐久性保持及びシフトフィーリングの改善が見込めます。
 

●ゴム・シール素材の硬化・収縮防止、オイルの滲み、漏れ抑制効果により、ミッション(AT・CVT・DCT)のジョイント部シール材からのオイル、フルード滲み、漏れを改善し、消費を抑制すると共に、シール材の経年硬化及び収縮を予防し良好なコンディションを維持することが可能。

車種別の専用アタッチメント完備!!!

事前にお問い合わせください。

オイルクーラーを取り外しアタッチメントを装着
ホースに専用機を接続すれは圧送交換が可能な車種もあれば、専用アタッチメントが無いと作業できない車種もあります。

当社では、各種アタッチメントをご用意してますので安心です!!

※一部対応できない車種もあるので、事前にお問い合わせください。
アタッチメントについて
アタッチメント判別が難しい車種もありますので、当社を始めてご利用の方は車検証情報を事前にご連絡ください。

▼お気軽にお問い合わせください

有限会社オートサービスエンドウ
〒774-0015
徳島県阿南市才見町田中29番地1
TEL:0884-22-8182
FAX:0884-22-7977
MAIL:info@car-endo.jp
1.国産車整備
2.輸入車整備
3.車両販売
4.商品紹介
5.ボディメンテナンス
1
1
3
5
5
5
TOPへ戻る